今日のはとにっき

はとの漫画と日常と宝塚

2015年11月

だが、そう私に告げる彼女こそがすでにその本人のクローンであったのだ。 入れ替えられ、やっと研究所を抜け出した本人が周囲に訴えるも 民衆は傷跡のある方がオリジナルだと信じて疑わず 偽物として追われる身になってしまう… 彼女は果たして「自分」を取り戻すことがで ...

↑このページのトップヘ